【課題】部活動の休日地域移行1

【課題】部活動の休日地域移行1

 先日、ホームページのお問い合わせフォームからご連絡をいただき、何度かメールのやり取りをさせていただいていた、ある競技の外部指導者の方からお誘いがあり、『部活動休日外部移行』について話を聞いて欲しいとのことで、お話しをお聞きしに伺いました。  話の内容としては、 地域移行についての情報が乏しく、漠然とした不安がある 学校での練習環境について、一部劣化して危険な箇所があるが、授業で使用しないため修繕の優先順位が低い 部活時に学校近くの公共施設コートを利用したいが確実に使える保証がない(その時間帯は空きコートがほとんど)...
「たかが部活、されど部活」部活動の価値と未来

「たかが部活、されど部活」部活動の価値と未来

休日地域移行について思う事をつらつらと・・・  近年、学校教育の在り方が大きく変化しています。学校教師の働き方改革や生徒の自主性を重んじる世相の中で、部活動も変わりつつあります。その一環として、部活動の外部・地域クラブへの移行計画が各自治体で進められています。この移行は、生徒にとっても、教育界にとっても、大きな転換点となるでしょう。「たかが部活、されど部活」という言葉は、この変わりゆく部活動の現状と未来を象徴していると感じ、この文章を書いています。...
恒例行事の在り方について(歳の市について)

恒例行事の在り方について(歳の市について)

令和5年12月29日(金)  年末恒例の天童「歳の市(つめのいち)」が開催され、仕事の合間を縫っていってきました。歳の市とは、正月用品を販売する市の事で、その年の最後の市「納めの市」とも呼ばれます。  歳の市とは、お正月に用いる品や縁起物が並ぶ市で、年の暮れに行われることから「歳(つめ)の市」と呼ばれ、天童市では毎年12月29日に天童市の天童中部小前の通りを歩行者天国にして開催されています。...
知ってました?東北自然歩道(新・奥の細道)

知ってました?東北自然歩道(新・奥の細道)

 天童商工会議所主催のJR天童駅周辺清掃ボランティアをしていた際に、ごみ拾いや草取りをして下を向いていると「東北自然散歩」と書かれてあるプレートを発見。何かと思い「東北自然散歩」と調べてみると、環境省のホームページに下記の文章で紹介されていました。 多くの人に四季を通じて手軽に楽しく、かつ安全に歩くことによって東北地方の豊かな自然、歴史、文化にふれ、健全な心身を育成するとともに自然保護に対する意識を高めていただくためのものです。...
【商業】「観光案内立ち飲みバー視察」夜間経済活性化

【商業】「観光案内立ち飲みバー視察」夜間経済活性化

天童市は温泉街と夜の飲食店街が隣り合っており、旅館やホテルを一歩出ると数百件の飲食店が立ち並ぶ光景を見ることができます。そんな天童温泉街も新型コロナの影響で夜の街への人の戻りも鈍く、何か良いアイデアはないものかと思っていたところ、こんな記事を見つけました。 定禅寺通りのコンテナハウス「ISOL.」で“スナックせんだい”が開催されます。 立ち飲みバーと観光案内所を融合した7日間限定のイベント。 宮城の地酒やクラフトビール、蒸し牡蠣などを楽しみながら、仙台在住のスタッフからおすすめスポットを紹介してもらうことができます。...
【商業】「空き店舗」に関するアイデアのたまご #1

【商業】「空き店舗」に関するアイデアのたまご #1

 天童市でも、中心商店街には閉店した店舗、シャッターが閉じたままのテナントが少なからず存在しています。人口減少や、車による行動範囲の拡大、郊外への大型ショッピングモールの出店など、様々な要因がありますが、まずは空き店舗を様々な角度から雑多な考えを羅列していきます。  ひょっとしたら、これらが何かしらのきっかけで考え同士が結びつき、大きなアイデアとして形になるかもしれません。ぜひ皆さんの考えをお聞かせください。 「シャッターが閉じている理由」 「借りてもらわなくても困らない理由」 「シャッター街の何が問題なのか」を知る...